アコムの返済は早い方がお得

アコムの返済

アコムは返済期日前の返済が可能です。

借り入れ利息は、借り入れた残高に対して利用した日数の計算になります。

 

平日・休日(土・日・祝日)にかかわらず、返済が早くなればなるほど、利息は少なくなります。
一時的な生活費の補てんなどの場合、短期借入を上手に利用すれば利息を少なく抑えることができます。

 

アコムの利息計算について

利息額=借入残高×借入利率÷365(うるう年の場合366)×利用日数

 

※借り入れた日は利用日数に含みません。
※1円未満の単位は切り捨て。

 

利息計算の例(実質年率18.0%の場合)

1万円を7日間利用した場合
1万円×0.18÷365日×7日=34円

 

1万円を30日間利用した場合     
1万円×0.18÷365日×30日=147円

 

10万円を7日間利用した場合
10万円×0.18÷365日×7日=345円

 

10万円を30日間利用した場合     
10万円×0.18÷365日×30日=1,479円

 

給料日前で口座残高がピンチな時、上記のようにアコムで10万円借り入れて7日後に返済すれば利息はわずか345円です。

 

「借りたい時に素早く借り、返済はなるべく早く行う。」
これが、アコムを上手に使うコツです。

 

アコムのこんな賢い利用法もあります
銀行口座から時間外に出金をすれば手数料が105円つく場合がありますが、アコムを利用して翌日スグに返せばもっとわずかな利息で済みます。

 

返済金額

返済金額は各回に分けての返済も可能です。
各回の返済金額は、借入金額に「一定の割合」を掛けた金額となります。

 

※千円未満の単位がある場合、それを切り上げた千円単位。
※一定の割合はアコム公式サイトにある貸付条件表をご覧ください。

 

各回の返済金額の計算例

10万円借り入れ、一定の割合が4.2% 実質年率18.0%の場合。

 

10万円 ×4.2%=4,200円

4,200円の200円分が千円単位に切り上げ

最少返済額は5,000円となります。
最少返済金額を超える金額であれば、都合に合わせて返済額を自由に変えることができます。

 

返済日について

アコムの返済日は、契約の際に設定する「35日ごと」あるいは「毎月指定日」となります。
口座振替による自動引き落としの場合は「毎月6日」。