個人信用情報と消費者金融

アコムのサービス

個人が銀行で融資を受ける際、担保が必要になるのが普通です。

 

これにたいしてアコムなど消費者金融のサービスは、個人の信用力を判断し、無担保でキャッシングローンのサービスを提供しています。

 

このように消費者の信用にもとづいて提供されるサービスを「消費者信用」と言い、キャッシングローンを利用する個人の信用力を判断するには、個人信用情報が重要な役割を果たしています。

 

個人信用情報には、個人の名前、性別、住所、年齢、勤務先、年収、借入れの状況などが登録されています。

 

消費者金融を利用した人の本人確認および返済能力は、こうした属性から判断されることになります。
ではアコムは個人信用情報をどこで入手しているのでしようか?

 

現在、国内には大きな個人情報機関が二つあります。
消費者金融会社系の「日本信用情報機構(JICC)」と、信販会社系の「シー・アイ・シー(CIC)」です。

 

アコムは、この個人情報を蓄積している二つの個人情報機関の会員となり、コンピュター接続して信用照会をおこなっているのです。
※アコム公式サイト「当社の加入する信用情報機関について」でも開示されています。

 

近年、メガバンクなど銀行においても個人向けキャッシングローンのサービスを積極的に進めています。
その背景にあるのが、消費者金融会社や信販会社などノンバンクの買収です。

 

これはノンバンクを参加に収め、ノンバクの持つ豊富な個人情報や個人に対しての与信管理能力を銀行本体のサービス強化につなげたい意図があると思われます。

※ノンバンクとは?
消費者金融、信販会社、クレジット会社など、与信業務は行うが預金業務を行わない企業または組織。
出資法、貸金業規制法において貸金業者と呼ばれています。

 

例えば、アコムは三菱フィナンシャル・グループですが、同じグループに属する三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンサービスの保証業務を引き受けたりもしています。