お金を上手に管理するコツ

家計における毎月の支出を見直せばゆとりが生まれ、将来の計画もたてやすくなります。

 

お小遣いをしっかり決める

毎月のお小遣いの金額をしっかり決めてやりくりすることで衝動買いなど余計な出費を控えることができます。
他にも交際費、趣味への出費など、ついつい使ってしまいがちな費用を節約することができます。

 

何に使ったのかわからないお金をなくす

毎月の出費の中は何に使ったのかわからないお金が存在します。
こうした出費をしっかり管理するためには家計簿をつけるなどしっかり支出を確認することで解決することができます。

 

お金を使える日をつくる

いつも我慢ばかりしていてはストレスもたまります。
自分のご褒美に使える日を決めて決めておきましょう。
例えば毎週金曜日だけは少し贅沢をして好きなランチを食べに行くなど楽しむこともストレス解消方法のひとつです。

 

ほんとうに欲しいものかしっかり考える

「これを買う」と思ったとき、「必要なもの」か「ほしいもの」か一呼吸おいて考えてみましょう。

 

家計における必要なものとは・・・
食費、住居費、水道光熱費、医療費、被服費、通信費・・・・など生活するために必ず発生する出費です。
そのために必要な支出は優先度が高くなります。

ほしいものとは・・・
自分の趣味や楽しみのために買いたいものです。
例えばブランドのバッグ、指輪、デザートのケーキ、マイカーのアクセサリー、などは家計における優先度は低い出費です。
どうしてもほしいときはお金に余裕があるときに検討しましょう。

 

支出の優先順位を把握する

優先順位が高い順でいえば「返済しなければならない支出」「返済が遅れると困る支出」「生活のために使う支出」の順になります。

返済しなければならない支出・・・
クレジットの返済金、ローンなど借入金の返済金

返済が遅れると困る支出・・・
保険料、税金等

生活のために使う支出・・・
日常生活費、交際費、教育費、通信費など生活のために使うお金。
生活のために使う支出にも優先順位があります。住居費や水道光熱費は優先順位が高く、美容・交際費などはそれほど優先順位は高くありません。